Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

A.2.2. dmsetup ls コマンド

マップされたデバイスのデバイス名は、dmsetup ls コマンドで一覧表示できます。指定タイプのターゲットを 1 つ以上持つデバイスは、dmsetup ls --target target_type コマンドを使用して一覧表示できます。 dmsetup ls の他の操作については、dmsetup man ページを参照してください。
以下の例は、現在設定されているマップ済みデバイスのデバイス名を一覧表示するコマンドを示します。
# dmsetup ls
testgfsvg-testgfslv3    (253:4)
testgfsvg-testgfslv2    (253:3)
testgfsvg-testgfslv1    (253:2)
VolGroup00-LogVol01     (253:1)
VolGroup00-LogVol00     (253:0)
以下の例は、現在設定されているミラーマッピングのデバイス名を一覧表示するコマンドを示します。
# dmsetup ls --target mirror
lock_stress-grant--02.1722      (253, 34)
lock_stress-grant--01.1720      (253, 18)
lock_stress-grant--03.1718      (253, 52)
lock_stress-grant--02.1716      (253, 40)
lock_stress-grant--03.1713      (253, 47)
lock_stress-grant--02.1709      (253, 23)
lock_stress-grant--01.1707      (253, 8)
lock_stress-grant--01.1724      (253, 14)
lock_stress-grant--03.1711      (253, 27)
マルチパスまたはその他のデバイスマッパーデバイス上にスタックされる LVM 設定は複雑でわかりにくい場合があります。dmsetup ls のコマンドには、以下に示す例のように、デバイス間の依存関係をツリーで表示する --tree オプションがあります。
# dmsetup ls --tree
vgtest-lvmir (253:13)
 ├─vgtest-lvmir_mimage_1 (253:12)
 │  └─mpathep1 (253:8)
 │     └─mpathe (253:5)
 │        ├─ (8:112)
 │        └─ (8:64)
 ├─vgtest-lvmir_mimage_0 (253:11)
 │  └─mpathcp1 (253:3)
 │     └─mpathc (253:2)
 │        ├─ (8:32)
 │        └─ (8:16)
 └─vgtest-lvmir_mlog (253:4)
    └─mpathfp1 (253:10)
       └─mpathf (253:6)
          ├─ (8:128)
          └─ (8:80)

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。