5.4. 論理ボリュームからディスクを削除する

この例は、ディスクを置き換えるか、またはディスクを別のボリュームの一部として使用するために、既存の論理ボリュームからディスクを削除する方法を示しています。ディスクを削除するには、まず LVM 物理ボリューム上のエクステントを異なるディスクまたはディスクセットに移動しなければなりません。

5.4.1. 既存物理ボリュームへのエクステントの移動

この例では、論理ボリュームはボリュームグループ myvg の 4 つの物理ボリュームに分配されています。
# pvs -o+pv_used
  PV         VG   Fmt  Attr PSize  PFree  Used
  /dev/sda1  myvg lvm2 a-   17.15G 12.15G  5.00G
  /dev/sdb1  myvg lvm2 a-   17.15G 12.15G  5.00G
  /dev/sdc1  myvg lvm2 a-   17.15G 12.15G  5.00G
  /dev/sdd1  myvg lvm2 a-   17.15G  2.15G 15.00G
/dev/sdb1 からエクステントを移動して、この物理ボリュームをボリュームグループから削除できるようにします。
ボリュームグループ内の他の物理ボリューム上に十分な空きエクステントがある場合、他のオプションを指定せずに削除したいデバイスに対して pvmove コマンドを実行すると、そのエクステントは他のデバイスに分配されます。
# pvmove /dev/sdb1
  /dev/sdb1: Moved: 2.0%
 ...
  /dev/sdb1: Moved: 79.2%
 ...
  /dev/sdb1: Moved: 100.0%
pvmove コマンドの実行が終了した後は、エクステントの分配は次のようになります:
# pvs -o+pv_used
  PV         VG   Fmt  Attr PSize  PFree  Used
  /dev/sda1  myvg lvm2 a-   17.15G  7.15G 10.00G
  /dev/sdb1  myvg lvm2 a-   17.15G 17.15G     0
  /dev/sdc1  myvg lvm2 a-   17.15G 12.15G  5.00G
  /dev/sdd1  myvg lvm2 a-   17.15G  2.15G 15.00G
vgreduce コマンドを使用して、ボリュームグループから物理ボリューム /dev/sdb1 を削除することができます。
# vgreduce myvg /dev/sdb1
  Removed "/dev/sdb1" from volume group "myvg"
[root@tng3-1 ~]# pvs
  PV         VG   Fmt  Attr PSize  PFree
  /dev/sda1  myvg lvm2 a-   17.15G  7.15G
  /dev/sdb1       lvm2 --   17.15G 17.15G
  /dev/sdc1  myvg lvm2 a-   17.15G 12.15G
  /dev/sdd1  myvg lvm2 a-   17.15G  2.15G
これでディスクは物理的に削除可能となり、他のユーザーへの割り当ても可能になります。