Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

3.2. 論理ボリューム作成の概要

以下は、LVM 論理ボリュームを作成するために実行する必要のあるステップの概要です。
  1. LVM ボリューム用に使用するパーティションを物理ボリュームとして初期化します (この操作によってラベル付けされます)。
  2. ボリュームグループを作成します。
  3. 論理ボリュームを作成します。
論理ボリュームを作成した後は、ファイルシステムを作成してマウントできます。本書の例では、GFS2 ファイルシステムを使用しています。

注記

GFS2 ファイルシステムは、スタンドアロンシステムまたはクラスター構成の一部として実装することが可能ですが、Red Hat Enterprise Linux 6 リリースでは、Red Hat は単一ノードのファイルシステムとしての GFS2 の使用をサポートしていません。クラスターファイルシステムのスナップショット (例: バックアップ用) をマウントするための単一ノードの GFS2 ファイルシステムは引き続きサポートします。
  1. mkfs.gfs2 コマンドを使用して、論理ボリューム上に GFS2 ファイルシステムを作成します。
  2. mkdir コマンドで新規のマウントポイントを作成します。クラスターシステムでは、そのクラスター内のすべてのノード上にマウントポイントを作成します。
  3. ファイルシステムをマウントします。システム内の各ノード用に fstab ファイルに一行追加することもできます。
別の方法として、LVM GUI を使用して GFS2 ファイルシステムを作成し、マウントすることもできます。
LVM セットアップ情報の保存エリアは物理ボリューム上にあり、ボリュームが作成されたマシンにはないため、LVM ボリュームの作成はマシンから独立して行われます。ストレージを使用するサーバーにはローカルコピーがありますが、それを物理ボリューム上にあるものから再作成できます。LVM のバージョンが互換性を持つ場合には、物理ボリュームを異なるサーバーに接続することができます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。