Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

3.4. 論理ボリュームのバックアップ

メタデータのバックアップとアーカイブは、lvm.conf ファイル内で無効になっていない限り、すべてのボリュームグループで論理ボリューム設定の変更時に自動的に作成されます。デフォルトでは、メタデータのバックアップは /etc/lvm/backup ファイルに保存され、メタデータのアーカイブは /etc/lvm/archive ファイルに保存されます。/etc/lvm/archive ファイルに保存されるメタデータアーカイブの保持期間と保持されるアーカイブファイルの数は、lvm.conf ファイルに設定できるパラメーターによって決定されます。日次のシステムバックアップでは、バックアップに /etc/lvm ディレクトリーの内容が含まれる必要があります。
メタデータバックアップでは、論理ボリュームに含まれているユーザーとシステムのデータはバックアップされない点に注意してください。
vgcfgbackup コマンドを使用すると、/etc/lvm/backup ファイルにメタデータを手動でバックアップできます。また、vgcfgrestore コマンドを使用すると、メタデータを復元できます。vgcfgbackup コマンドと vgcfgrestore コマンドについては 「ボリュームグループのメタデータのバックアップ」 で説明しています。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。