Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

4.8. Load Balancer Add-Onを開始する

Load Balancer Add-Onを開始するには、二つの root ターミナルが同時に開くようにするか、二つの root が同時にプライマリー LVS ルーターへの ssh セッションを開くようにするのが最適です。
ターミナルの 1 つで以下のコマンドを使用してカーネルログメッセージを表示させます。
tail -f /var/log/messages
そして、もう一方のターミナルで以下のコマンドを実行してLoad Balancer Add-Onを開始します。
/sbin/service pulse start
カーネルログメッセージでターミナル内の pulse サービスのスタートアップ進捗状況をチェックします。以下の出力があれば、pulse デーモンは正常に開始しています。
gratuitous lvs arps finished
/var/log/messages の表示を停止するには、Ctrl+c を押します。
これ以降は、プライマリー LVS ルーターはアクティブ LVS ルーターでもあります。この時点でも Load Balancer Add-On に要求を出すことができますが、Load Balancer Add-Onを使用可能な状態にする前にバックアップ LVS ルーターを開始する必要があります。これを行うには、上記の手順をバックアップ LVS ルーターノード上で繰り返すだけです。
この最終ステップが完了すると、Load Balancer Add-Onは実行中になります。