Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

3.3. 設定を組み合わせる

上記のルーティングメソッドでどれを使用するか決定した後、ハードウェアをネットワーク上でリンクさせます。

重要

LVS ルーター上のアダプタデバイスは、同じネットワークにアクセスするように設定する必要があります。例えば、eth0 がパブリックネットワークに接続し、eth1 がプライベートネットワークに接続する場合、バックアップ LVS ルーター上の同じデバイスは同じネットワークに接続する必要があります。
また、起動時に最初に出現するインターフェースにリストされているゲートウェイは、ルーティングテーブルに追加され、他のインターフェースにリストされているそれ以降のゲート ウェイは無視されます。これは、実サーバーを設定する場合に特に考慮すべき重要点です。
ハードウェアを物理的に接続したら、プライマリー LVS ルーターとバックアップ LVS ルーター上でネットワークインターフェースを設定します。これは system-config-network などのグラフィカルアプリケーションを使用するか、手動でネットワークスクリプトを編集することで可能です。system-config-network を使用したデバイス追加の詳細情報は、『Red Hat Enterprise Linux 導入ガイド』 内にある 『ネットワーク設定』 を参照してください。この章の残りの部分では、手動もしくは Piranha Configuration Tool によるネットワークインターフェースへの変更例を説明します。

3.3.1. Load Balancer Add-Onネットワーキングの一般的なヒント

Piranha Configuration Tool を使用して Load Balancer Add-On の設定する前に、LVS ルーター上でパブリックネットワークとプライベートネットワークの両方用に実 IP アドレスを設定します。各トポロジーのセクションではサンプルのネットワークアドレスが使われていますが、実際には本物のネットワークアドレスが必要になります。以下にネットワークインターフェースの起動とそれらのステータスチェックに役に立つコマンドを挙げます。
実ネットワーキングインターフェースの起動
実ネットワークインターフェースを起動するには、root で以下のコマンドを実行して、 N の部分をインターフェースに相当する番号で置き換えます (eth0 および eth1)。
/sbin/ifup ethN

警告

Piranha Configuration Tool を使用して設定するフローティング IP アドレス(eth0:1eth1:1) を起動する際に、ifup スクリプトを使用しないで下さい。代わりに service コマンドを 使用して pulse を開始してください (詳細は 「Load Balancer Add-Onを開始する」 参照してください)。
実ネットワークインターフェースの停止
実ネットワークインターフェースを停止するには、root で以下のコマンドを実行して、 N の部分をインターフェースに相当する番号で置き換えます (eth0 および eth1)。
/sbin/ifdown ethN
ネットワークインターフェースのステータスチェック
ある時点でどのネットワークインターフェースが起動しているかをチェックするには、以下を入力します。
/sbin/ifconfig
マシンのルーティングテーブルを表示するには、以下のコマンドを実行します。
/sbin/route

3.3.1.1. 仮想 IP アドレス問題のトラブルシューティング

アクティブ LVS ホストからスタンバイホストへの自動フェイルオーバー中に、管理者が問題に直面する場合があります。フェイルオーバーの際にスタンバイホストではすべての仮想 IP アドレスがアクティベートしない場合があります。この問題は、スタンバイホストが停止されプライマリホストがアクティベートされる際にも発生する可能性があります。仮想 IP アドレスがすべてアクティベートするのは、pulse サービスが手動で再起動される時のみです。
この問題を一時的に軽減するには、以下のコマンドを root のシェルプロンプトで実行します。

echo 1 > /proc/sys/net/ipv4/conf/all/promote_secondaries
このコマンドは問題を 一時的に 軽減するのみで、システムを再起動するとコマンドが維持されないことに注意してください。
この問題を永続的に軽減するには、/etc/sysctl.conf ファイルを開いて以下の行を追加します。
net.ipv4.conf.all.promote_secondaries = 1