Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第2章 Load Balancer Add-On の初期設定

Red Hat Enterprise Linux をインストールしたら、LVS ルーターと実サーバーをセットアップするために基本的なステップを実行する必要があります。本章では、これらのステップを詳述します。

注記

Load Balancer Add-On 開始後にアクティブノードになる LVS ルーターノードは、プライマリーノード とも呼ばれます。Load Balancer Add-On の設定時には、プライマリーノードで Piranha Configuration Tool を使います。

2.1. LVS ルーターでのサービス設定

Load Balancer Add-On の設定に必要なコンポーネントはすべて Red Hat Enterprise Linux インストールプログラムによってインストールされますが、Load Balancer Add-On を設定する前に適切なサービスをアクティブにしておく必要があります。LVS ルーターに対して起動時に適切なサービスが開始するよう設定します。起動時にサービスをアクティブにするツールが Red Hat Enterprise Linux には 3 種類あります。コマンドラインプログラムの chkconfig、ncurses ベースのプログラム ntsysv、グラフィカルな Services Configuration Tool です。いずれのツールを使用する場合にも root でのアクセスが必要になります。

注記

root アクセスを取得するには、シェルプロンプトを開いて su - コマンドを入力した後 root パスワードを入力します。以下に例を示します。
$ su - 
Password:root password
LVS ルーターで以下の 3 つのサービスを起動時にアクティブにする必要があります。
  • piranha-gui サービス (プライマリーノードのみ)
  • pulse サービス
  • sshd サービス
マルチポートサービスをクラスター化しているまたはファイアウォールマークを使用している場合は、iptables サービスも有効にする必要があります。
これらのサービスはランレベル 3 およびランレベル 5 の両レベルでアクティブにしておくのが最適です。chkconfig を使ってアクティベートするには、以下のコマンドを各サービスに対して実行します。
/sbin/chkconfig --level 35 daemon on
上記のコマンドの daemon にはアクティブにするサービスの名前を入れてください。システム上のサービス一覧、そのサービスがアクティブにされるランレベルなどを表示する場合は次のコマンドを実行します。
/sbin/chkconfig --list

警告

chkconfig を使用して上記のサービスをオンにしても直ちにデーモンを開始するわけではありません。デーモンを直ちに開始する場合は /sbin/service コマンドを使用します。/sbin/service コマンドの使用例については Piranha Configuration Tool サービスの開始」 を参照してください。
ランレベルおよび ntsysvServices Configuration Tool を使ったサービスの設定方法については 『Red Hat Enterprise Linux System Administration Guide』 の 『Controlling Access to Services』 の章を参照してください。