3.2. サービスポリシー

RGManager には、管理者がサービスごとカスタマイズできる 3 つのサービスリカバリーポリシーがあります。

注記

これらのポリシーは、仮想マシンリソースにも適用されます。

3.2.1. 起動ポリシー

デフォルトで、 RGManager は、rgmanager がブートし、かつ定足数が存在する場合にすべてのサービスを起動します。管理者はこの動作を変更することができます。
  • autostart (デフォルト) - rgmanager がブートし、定足数が形成される際にサービスを起動します。「0」に設定される場合は、クラスターはサービスを起動せず、代わりにサービスを無効状態にします。