はじめに

本ガイドは、Red Hat Enterprise Linux 6 向けの High Availability Add-On の全体的な概要を説明しています。
本ガイドの内容は概要ですが、Red Hat Enterprise Linux について高度な運用知識があり、サーバーコンピューティングの概念を理解している方を対象としています。
Red Hat Enterprise Linux 6 の使用についての詳細情報は、以下の資料をご参照ください。
  • Red Hat Enterprise Linux インストールガイド』 — Red Hat Enterprise Linux 6 のインストールに関する情報を提供しています。
  • Red Hat Enterprise Linux 導入ガイド』 — Red Hat Enterprise Linux 6 の導入、設定、管理に関する情報を提供しています。
Red Hat Enterprise Linux 6 の本製品と関連製品についての詳細情報は、以下の資料をご参照ください。
  • High Availability Add-On の設定と管理』 は、Red Hat Enterprise Linux 6 向けの High Availability Add-On (Red Hat Cluster という別名でも知られている) の設定と管理について説明しています。
  • 論理ボリュームマネージャの管理』 — 論理ボリュームマネージャ (LVM) について説明しており、クラスター化された環境における LVM の実行に関する情報を含みます。
  • Global File System 2: 設定と管理』 — Resilient Storage アドオンに含まれている Red Hat GFS2 (Red Hat Global File System 2) のインストール、設定、および維持に関する情報を提供します。
  • DM Multipath』 — Red Hat Enterprise Linux 6 のデバイスマッパーマルチパスの機能の使用法に関する情報を提供します。
  • Load Balancer Administration』 — Red Hat Load Balancer アドオン (以前の名称は Linux 仮想サーバー (LVS)) でパフォーマンス性の高いシステム郡およびサービス群を構成する方法について説明しています。
  • リリースノート』 — Red Hat 製品の現在のリリースに関する情報を提供します。

注記

High Availability Add-On および Red Hat Global File System 2 (GFS2) を使用する Red Hat Enterprise Linux クラスターのデプロイおよびアップグレードのベストプラクティスについての情報は、Red Hat カスタマーポータルに掲載の "Red Hat Enterprise Linux Cluster, High Availability, and GFS Deployment Best Practices" というタイトルの記事を参照してください。 . https://access.redhat.com/kb/docs/DOC-40821
本ガイドおよびその他の Red Hat ドキュメントは、Red Hat Enterprise Linux ドキュメント CD およびオンライン http://access.redhat.com/documentation/docs から HTML、PDF、RPM のバージョンで入手できます。

1. フィードバック

本ガイド内に誤字、脱字を発見された場合や、本ガイドを改善するためのご意見、ご提案がございましたら弊社にぜひご報告ください。その際は、Bugzilla (http://bugzilla.redhat.com/) よりご報告をお願いいたします。製品には Red Hat Enterprise Linux 6、コンポーネントには 『doc-High_Availability_Add-On_Overview』、バージョン番号には 6.6 を選択してください。
本ガイドを改善するためのご意見/ご提案をお持ちの場合は、可能な限り具体的にご説明いただくようお願いします。また、エラーを発見された場合は、弊社で対象箇所を容易に見つけることができるように、そのセクション番号と周辺の文章も含めてご報告いただくようお願いします。