4.24. VMWare over SOAP API

VMWare over SOAP API のフェンスエージェント fence_vmware_soap で使用するフェンスデバイスのパラメータを表4.25「VMware フェンシング (SOAP インターフェース) (Red Hat Enterprise Linux 6.2 以降)」 に示します。

表4.25 VMware フェンシング (SOAP インターフェース) (Red Hat Enterprise Linux 6.2 以降)

luci フィールドcluster.conf 属性詳細
Namename仮想マシンフェンスデバイスの名前
IP Address or Hostnameipaddrデバイスに割り当てている IP アドレスまたはホスト名
IP Port (optional)ipportデバイスとの接続に使用する TCP ポート、デフォルトのポートは 80 です (Use SSL を選択すると 443 になります)
Loginloginデバイスへのアクセスに使用するログイン名
Passwordpasswdデバイスへの接続を認証する際に使用するパスワード
Password Script (optional)passwd_scriptフェンスデバイスへのアクセス用パスワードを与えるスクリプト (これを使用するとスクリプトの方が Password パラメータより優先される)
Power Wait (seconds)power_wait電源オフまたは電源オンのコマンド発行後の待機秒数
Power Timeout (seconds)power_timeout電源オンまたは電源オフのコマンドを発行後、状態変更のテストまで待機させる秒数、デフォルト値は 20 です
Shell Timeout (seconds)shell_timeoutコマンド発行後にコマンドプロンプトを待機させる秒数、デフォルト値は 3 です
Login Timeout (seconds)login_timeoutログイン後にコマンドプロンプトを待機させる秒数、デフォルト値は 5 です
Times to Retry Power On Operationretry_on電源オンの動作を再試行する回数、デフォルト値は 1 です
VM nameportインベントリのパス形式による仮想マシン名 (/datacenter/vm/Discovered_virtual_machine/myMachine など)
VM UUIDuuidフェンシングする仮想マシンの UUID
Delay (optional)delayフェンシング開始までに待機させる秒数、デフォルト値は 0 です
Use SSLsslデバイスとの通信に SSL 接続を使用する
VMWare over SOAP のフェンスデバイスを追加する際に使用する設定画面を 図4.23「VMWare over SOAP フェンシング」 に示します。
VMWare over SOAP フェンシング

図4.23 VMWare over SOAP フェンシング

VMWare over SOAP フェンスデバイス用のフェンスデバイスインスタンスを作成するコマンドです。
ccs -f cluster.conf --addfencedev vmwaresoaptest1 agent=fence_vmware_soap login=root passwd=password123 power_wait=60 \
 separator=,
cluster.conf ファイル内の fence_vmware_soap デバイス用のエントリーを以下に示します。

 <fencedevices>
  <fencedevice agent="fence_vmware_soap" ipaddr="192.168.0.1" login="root" name="vmwaresoaptest1" passwd="password123" \
   power_wait="60" separator="."/>
 </fencedevices>

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。