1.5. DM-Multipath セットアップの概要

DM-Multipath には、一般的なマルチパス設定に適したコンパイルされたデフォルト設定が含まれています。多くの場合 DM-multipath のセットアップ手順はシンプルです。
DM-Multipath で使用中のシステムを設定するための基本手順は以下のようになります。
  1. device-mapper-multipath rpm をインストールします。
  2. mpathconf コマンドで設定ファイルを作成し、マルチパス化を有効化します。設定ファイルを編集する必要がない場合は、このコマンドでマルチパスデーモンを起動することもできます。
  3. 必要な場合は、multipath.conf 設定ファイルを編集して、デフォルト値を変更し、更新されたファイルを保存します。
  4. マルチパスデーモンを起動します。
マルチパス設定のセットアップ手順の詳細は、3章DM-Multipath のセットアップ を参照してください。