2.2. クラスター内で一貫したマルチパスデバイス名

user_friendly_names 設定オプションが、yes に設定されている場合、マルチパスデバイス名はノードに一意となりますが、マルチパスデバイスを使用しているすべてのノード上で同じになる保証はありません。同様に、multipath.conf 設定ファイルの multipaths セクション内でデバイスの alias オプションを設定すると、その名前は、クラスター内のすべてのノードで自動的に同じ名前にはなりません。これは、LVM を使用してマルチパスデバイスから論理デバイスを作成する場合は問題にならないはずですが、すべてのノードでマルチパスのデバイス名に一貫性を持たせる必要がある場合は、user_friendly_names オプションを yes に設定しないこと、およびデバイスにエイリアスを設定しないことを推奨します。user_friendly_namesyes に設定しない場合、またはデバイスのエイリアスを設定しない場合、デフォルトでは、デバイス名はそのデバイスの WWID となり、常に同じ名前になります。
ただし、クラスター内のすべてのノードでシステム定義のユーザーフレンドリーな名前で一貫性を持たせるには、以下の手順を実行します。
  1. 1 つのマシン上ですべてのマルチパスデバイスをセットアップする。
  2. 以下のコマンドを実行して、その他のマシン上でマルチパスデバイスをすべて無効にする。
    # service multipathd stop
    # multipath -F
  3. 最初のマシンから、クラスター内のその他すべてのマシンに /etc/multipath/bindings ファイルをコピーする。
  4. 以下のコマンドを実行して、クラスター内にあるその他のすべてのマシンで multipathd デーモンを再度有効にする。
    # service multipathd start
新たなデバイスを追加する場合には、この手順を繰り返す必要があります。
同様に、デバイスにエイリアスを設定する際にクラスター内のすべてのノードで一貫性を持たせるようにするには、同じ手順に従って、/etc/multipath.conf ファイルがクラスター内の各ノードで同一になることを確認してください。
  1. 1 つのマシン上で、multipath.conf ファイル内のマルチパスデバイスのエイリアスを設定する。
  2. 以下のコマンドを実行して、その他のマシン上でマルチパスデバイスをすべて無効にする。
    # service multipathd stop
    # multipath -F
  3. 最初のマシンから、クラスター内のその他すべてのマシンに /etc/multipath.conf ファイルをコピーする。
  4. 以下のコマンドを実行して、クラスター内にあるその他のすべてのマシンで multipathd デーモンを再度有効にする。
    # service multipathd start
新たなデバイスを追加する場合には、この手順を繰り返す必要があります。