Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

5.11. multipathd インタラクティブコンソールでのトラブルシューティング

multipathd -k コマンドは、multipathd デーモンへのインタラクティブインターフェースです。このコマンドを実行すると、インタラクティブなマルチパスコンソールが立ち上がります。このコマンドの実行後に help を入力すると、使用可能なコマンドの一覧が表示されます。インタラクティブなコマンドを入力するか、または CTRL-D を入力して終了できます。
multipathd インタラクティブコンソールは、システムで発生している問題のトラブルシューティングに使用することができます。たとえば、以下のコマンドのシーケンスは、デフォルトを含むマルチパス設定を表示して、その後コンソールを終了します。
# multipathd -k
> > show config
> > CTRL-D
以下のコマンドのシーケンスは、マルチパスが multipath.conf への変更を取得していることを確認します。
# multipathd -k
> > reconfigure
> > CTRL-D
以下のコマンドのシーケンスを使用して、パスチェッカーが正しく機能することを確認します。
# multipathd -k
> > show paths
> > CTRL-D