第3章 DM-Multipath のセットアップ

この章では、DM-Multipath を設定するための手順を順を追って説明します。手順は以下のとおりです。
  • 基本的な DM-Multipath のセットアップ
  • ローカルディスクを無視する
  • 設定ファイルへのデバイスの追加
  • initramfs ファイルシステムでのマルチパスの起動

3.1. DM-Multipath のセットアップ

ご使用のシステムに DM-Multipath をセットアップする前に、システムが更新されており、device-mapper-multipath パッケージが含まれていることを確認してください。
mpathconf ユーティリティーを使用してマルチパスをセットアップします。これによって、マルチパス設定ファイル /etc/multipath.conf が作成されます。
  • /etc/multipath.conf ファイルがすでに存在する場合、mpathconf ユーティリティーは、そのファイルを編集します。
  • /etc/multipath.conf ファイルが存在しない場合は、mpathconf ユーティリティーは、/usr/share/doc/device-mapper-multipath-0.4.9/multipath.conf ファイルを開始ファイルとして使用します。
  • /usr/share/doc/device-mapper-multipath-0.4.9/multipath.conf ファイルが存在しない場合は、mpathconf ユーティリティーが /etc/multipath.conf ファイルをゼロから作成します。
/etc/multipath.conf ファイルを編集する必要がない場合は、以下のコマンドを実行することによって、基本的なフェイルオーバー設定用の DM-Multipath をセットアップすることができます。このコマンドによって、マルチパス設定が有効にされ、multipathd デーモンが起動します。
# mpathconf --enable --with_multipathd y
multipathd デーモンを起動する前に /etc/multipath.conf ファイルを編集する必要がある場合は、以下の手順に従って、基本的なフェイルオーバー設定用に DM-Multipath をセットアップします。
  1. --enable オプションを指定して mpathconf コマンドを実行します。
    # mpathconf --enable
    必要になる可能性のある mpathconf コマンドへの追加オプションについての情報を得るには、mpathconf の man ページを参照するか、または --help オプションを指定して mpathconf コマンドを実行してください。
    # mpathconf --help
    usage: /sbin/mpathconf <command>
    
    Commands:
    Enable: --enable 
    Disable: --disable
    Set user_friendly_names (Default n): --user_friendly_names <y|n>
    Set find_multipaths (Default n): --find_multipaths <y|n> 
    Load the dm-multipath modules on enable (Default y): --with_module  <y|n>
    start/stop/reload multipathd (Default n): --with_multipathd  <y|n>
    chkconfig on/off multipathd (Default y): --with_chkconfig  <y|n>
  2. 必要な場合は、/etc/multipath.conf ファイルを編集します。DM-Multipath 用のデフォルト設定はシステムにコンパイルしてあるため、/etc/multipath.conf ファイルに明示的に設定する必要はありません。
    path_grouping_policy のデフォルト値は failover に設定されています。そのため、この例では /etc/multipath.conf ファイルを編集する必要はありません。設定ファイル内の値のデフォルト以外の値に変更する方法についての情報は、4章DM-Multipath 設定ファイル を参照してください。
    設定ファイルの初期デフォルトセクションは、マルチパスデバイス名が mpathn の形式になるようご使用のシステムを設定します。この設定がないと、マルチパスデバイス名はそのデバイスの WWID へとエイリアス化されます。
  3. 必要に応じて設定ファイルを保存し、エディターを終了します。
  4. 以下のコマンドを実行します。
    # service multipathd start
user_friendly_name の値が、設定ファイルで yes に設定されているため、マルチパスデバイスは /dev/mapper/mpathn として作成されます。デバイス名を別の任意のエイリアスに設定する方法についての情報は、4章DM-Multipath 設定ファイル を参照してください。
ユーザーフレンドリーな名前を使用したくない場合には、以下のコマンドを実行することができます。
# mpathconf --enable --user_friendly_names n

注記

マルチパスデーモンの起動後にマルチパス設定ファイルを編集する必要がある場合、変更を有効にするには service multipathd reload コマンドを使用する必要があります。