第1章 デバイスマッパーのマルチパス化

デバイスマッパーのマルチパス化 (DM-Multipath) により、サーバーノードとストレージアレイ間の複数の I/O パスを単一のデバイスに設定することができます。これらの I/O パスは、別々のケーブル、スイッチ、およびコントローラーを含むことができる物理 SAN 接続です。マルチパス化は I/O パスを集約し、その集約されたパスで構成される新しいデバイスを作成します。
この章では、Red Hat Enterprise Linux 6 の初期リリースに搭載された DM-Multipath の新機能について要約します。その後に、DM-Multipath およびそのコンポーネントについての大まかな概要、さらに DM-Multipath のセットアップの概要について説明します。

1.1. 新機能および変更された機能

このセクションでは、Red Hat Enterprise Linux 6 の初回リリース以降に搭載された DM-Multipath の新機能および変更された機能について記載します。

1.1.1. Red Hat Enterprise Linux 6.0 の新機能および変更された機能

Red Hat Enterprise Linux 6.0 で更新/変更されたドキュメントと機能は以下のとおりです。
  • Red Hat Enterprise Linux 6 リリースでは、基本的なフェイルオーバー設定用の DM-Multipath 初期セットアップ手順が変更され、DM-Multipath 設定ファイルの作成や mpathconf 設定ユーティリティーを使用した DM-Multipath の有効化が可能になりました。このユーティリティーは、device-mapper-multipath モジュールのロード、 multipathd デーモンの起動、および chkconfig の設定による再起動時のデーモンの自動的な起動を実行することができます。
    新たなセットアップ手順についての情報は、「DM-Multipath のセットアップ」 を参照してください。mpathconf に関する詳細は、mpathconf(5) の man ページを参照してください。
  • Red Hat Enterprise Linux 6 リリースでは、マルチパスデバイスをセットアップする新しいモードを提供します。マルチパスデバイスは、find_multipaths 設定ファイルパラメーターを使用して設定されます。以前の Red Hat Enterprise Linux のバージョンでは、マルチパスは、明示的にブラックリスト化されていないすべてのパスに対してマルチパスデバイスの作成を常に試行していました。しかし、Red Hat Enterprise Linux 6 では、find_multipaths 設定パラメーターが yes に設定されている場合、マルチパスは以下にあげる 3 つの条件のいずれかを満たす場合のみにデバイスを作成します。
    • 同一の WWID を持つ、ブラックリスト化されていないパスが少なくとも 2 つある。
    • multipath コマンドでデバイスを指定することにより、ユーザーがデバイスの手動作成を強制的に実行する。
    • パスに以前に作成されたマルチパスデバイスと同一の WWID がある (そのマルチパスデバイスが同時に存在しない場合も同様)。find_multipaths パラメーターが設定されていない状態でマルチパスデバイスを作成した場合に従う手順についての説明は、「設定ファイルのブラックリスト」 を参照してください。
    この機能によって、大半のユーザーは、ブラックリストを編集することなく、マルチパスが自動的に正しいパスを選択してマルチパスデバイスにすることができるようになります。
    find_multipaths 設定パラメーターについての情報は、「設定ファイルのデフォルト」 を参照してください。
  • Red Hat Enterprise Linux 6 リリースは、次の I/O 操作に使用するパスを決定する queue-lengthservice-time の 2 つのパスセレクターアルゴリズムを提供します。queue-length アルゴリズムは、パスの未処理の I/O の量を確認し、次に使用するパスを決定します。service-time アルゴリズムは、パスの未処理の I/O の量と相対スループットを確認し、次に使用するパスを決定します。設定ファイル内のパスセレクターパラメーターについての詳細は、4章DM-Multipath 設定ファイル を参照してください。
  • Red Hat Enterprise Linux 6 リリースでは、優先度関数はコールアウトプログラムではなくなり、パスチェッカー関数のような動的共有オブジェクトになりました。prio_callout パラメーターは、prio パラメーターに置き換えられました。サポートされている prio 関数の詳細は、4章DM-Multipath 設定ファイル を参照してください。
  • Red Hat Enterprise Linux 6 では、multipath コマンドの出力形式が変更されました。multipath コマンド出力についての詳細は、「multipath コマンドの出力」 を参照してください。
  • Red Hat Enterprise Linux 6 リリースでは、マルチパス bindings ファイルは、/etc/multipath/bindings にあります。
  • Red Hat Enterprise Linux 6 リリースは、multipath.conf ファイル内に、checker_timeoutfast_io_fail_tmo、および dev_loss_tmo の 3 つの新たな defaults パラメーターを提供します。これらのパラメーターについての情報は、4章DM-Multipath 設定ファイル をご覧ください。
  • マルチパス設定ファイル内の user_friendly_names オプションが yes に設定トされている場合、マルチパスデバイス名は、mpathn の形式になります。Red Hat Enterprise Linux 6 リリースでは、n はアルファベット 1 文字なので、マルチパスデバイス名は mpatha または mpathb となる可能性があります。以前のリリースでは、n は整数でした。

1.1.2. Red Hat Enterprise Linux 6.1 の新機能および変更された機能

Red Hat Enterprise Linux 6.1 で更新/変更されたドキュメントと機能は以下のとおりです。

1.1.3. Red Hat Enterprise Linux 6.2 の新機能および変更された機能

Red Hat Enterprise Linux 6.2 で更新/変更されたドキュメントと機能は以下のとおりです。

1.1.4. Red Hat Enterprise Linux 6.3 の新機能および変更された機能

Red Hat Enterprise Linux 6.3 で更新/変更されたドキュメントと機能は以下のとおりです。。
  • queue_without_daemon 設定ファイルパラメーターのデフォルト値は no に設定されるようになりました。
  • max_fds 設定ファイルパラメーターのデフォルト値は max に設定されるようになりました。
  • user_friendly_names 設定ファイルパラメーターは、multipath.conf 設定ファイルの defaultsmultipathsdevices セクションで設定できるようになりました。
  • multipath.conf 設定ファイルの defaults セクションは、新しい hwtable_regex_match パラメーターに対応します。
設定ファイルパラメーターの詳細は、4章DM-Multipath 設定ファイル を参照してください。

1.1.5. Red Hat Enterprise Linux 6.4 の新機能および変更された機能

Red Hat Enterprise Linux 6.4 で更新/変更されたドキュメントと機能は以下のとおりです。

1.1.6. Red Hat Enterprise Linux 6.5 の新機能および変更された機能

Red Hat Enterprise Linux 6.5 で更新/変更されたドキュメントと機能は以下のとおりです。
  • multipath.conf 設定ファイルの defaults セクションは、新たに replace_wwide_whitespace パラメーターと reload_rewrite パラメーターに対応しています。multipath.conf ファイルの defaults セクションについては、表4.1「マルチパス設定デフォルト」 を参照してください。

1.1.7. Red Hat Enterprise Linux 6.6 の新機能および変更された機能

Red Hat Enterprise Linux 6.6 で更新/変更されたドキュメントと機能は以下のとおりです。