Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第2章 マルチパスデバイス

DM-Multipath がない場合は、I/O パスが同じサーバーノードを同じストレージコントローラーに接続する場合でも、サーバーノードからストレージコントローラーまでの各パスは、システムにより別々のデバイスとして処理されます。DM-Multipath は、配下のデバイスの上に単一マルチパスデバイスを作成することにより、I/O パスを論理的に編成する方法を提供します。

2.1. マルチパスデバイス識別子

それぞれのマルチパスデバイスには World Wide Identifier (WWID) があり、これはグローバルに一意かつ不変であることが保証されます。デフォルトでは、マルチパスデバイス名は、その WWID に設定されます。別の方法として、マルチパス設定ファイルで user_friendly_names オプションを設定して、エイリアスを mpathn 形式のノードに一意の名前に設定することができます。
たとえば、ゾーニングされていない単一の FC スイッチを介して、2 つのポートを持つストレージコントローラーに接続された 2 つの HBA を搭載するノードの場合、/dev/sda/dev/sdbdev/sdc/dev/sdd の 4 つのデバイスを認識します。DM-Multipath は、マルチパス設定に従ってこれら 4 つの配下のデバイスへ I/O を再ルーティングする、一意の WWID を持つ単一デバイスを作成します。user_friendly_names 設定オプションが yes に設定されている場合、マルチパスデバイス名は mpathn に設定されます。
新規デバイスが DM-Multipath 管理下に置かれる場合、その新規デバイスは /dev ディレクトリー下の /dev/mapper/mpathn および /dev/dm-n の 2 つの別々の位置で確認することができます。
  • /dev/mapper 内のデバイスは、ブートプロセス初期に作成されます。論理ボリュームを作成する場合などに、これらのデバイスを使用してマルチパス化したデバイスへアクセスします。
  • /dev/dm-n の形式を持つすべてのデバイスは内部での使用のみを目的としており、通常は使用できません。
user_friendly_names 設定オプションを含むマルチパス設定デフォルトに関する情報は、「設定ファイルのデフォルト」 を参照してください。
マルチパスデバイス名は、マルチパス設定ファイルの multipaths セクション内で alias オプションを使用することで、任意の名前に設定することもできます。マルチパス設定ファイルの multipaths セクションに関する情報は 「マルチパスデバイス設定属性」 を参照してください。