3.3. ストレージデバイスの設定

DM-Multipath にはデフォルトで DM-Multipath に対応する最も一般的なストレージアレイのサポートが含まれています。サポートされているデバイスを含むデフォルトの設定値は multipath.conf.defaults ファイル内で見つけることができます。
デフォルトで既知のマルチパスデバイスとしてサポートされていないストレージデバイスを追加する必要がある場合は、/etc/multipath.conf ファイルを編集して、適切なデバイス情報を挿入します。
たとえば、HP Open-V シリーズに関する情報を追加するには、デバイス名が %n である場合のエントリーは以下のようになります。
devices {
     device {
            vendor "HP"
            product "OPEN-V."
            getuid_callout "/lib/udev/scsi_id --whitelisted --device=/dev/%n"
     }
}
設定ファイルの devices セクションについての詳細は、「設定ファイルデバイス」 を参照してください。