4.2. 設定ファイルのブラックリスト

マルチパス設定ファイルの blacklist セクションは、システムがマルチパスデバイスを設定する際に使用されないデバイスを指定します。ブラックリスト化されたデバイスはマルチパスデバイスにグループ化されません。
以前の Red Hat Enterprise Linux のリリースでは、マルチパスは明示的にブラックリスト化されていないすべてのパスを対象にマルチパスデバイスの作成を常に試行していました。しかし、Red Hat Enterprise Linux 6 では、find_multipaths 設定パラメーターを yes に設定すると、マルチパスは以下の 3 つの条件のいずれかを満たす場合にのみデバイスを作成します。
  • 同一の WWID を持つ、ブラックリスト化されていないパスが少なくとも 2 つある。
  • multipath コマンドでデバイスを指定することにより、ユーザーがデバイスの手動作成を強制的に実行する。
  • パスに以前に作成されたマルチパスデバイスと同一の WWID がある (そのマルチパスデバイスが同時に存在しない場合も同様)。マルチパスデバイスが作成される時には常に、マルチパスがそのデバイスの WWID を記憶するので、同一の WWID を持つパスを認識するとすぐに、デバイスを自動的に再作成します。これによって、マルチパスブラックリストを編集することなく、マルチパスが自動的に正しいパスを選択してマルチパスデバイスにすることができるようになります。
    以前に find_multipaths パラメーターを使用せずにマルチパスデバイスを作成し、その後にパラメーターを yes に設定した場合は、/etc/multipath/wwids ファイルからマルチデバイスとして作成したくないデバイスの WWID を削除しなければならない場合があります。以下は、/etc/multipath/wwids ファイルの例を示しています。WWID はスラッシュ (/) で囲まれています。
    # Multipath wwids, Version : 1.0
    # NOTE: This file is automatically maintained by multipath and multipathd.
    # You should not need to edit this file in normal circumstances.
    #
    # Valid WWIDs:
    /3600d0230000000000e13955cc3757802/
    /3600d0230000000000e13955cc3757801/
    /3600d0230000000000e13955cc3757800/
    /3600d02300069c9ce09d41c31f29d4c00/
    /SWINSYS  SF2372         0E13955CC3757802/
    /3600d0230000000000e13955cc3757803/
find_multipaths パラメーターを yes に設定すると、ブラックリスト化する必要があるのは、マルチパス化しない複数のパスがあるデバイスのみです。このため、通常はデバイスをブラックリスト化する必要はありません。
デバイスをブラックリスト化する必要がある場合には、以下の基準に従って行うことができます。
デフォルトでは、設定ファイルの初期ブラックリストセクションをコメントアウトした後でも、各種のデバイスタイプがブラックリスト化されます。詳細は 「デバイス名単位のブラックリスト」 を参照してください。

4.2.1. WWID 単位のブラックリスト

設定ファイルの blacklist セクションに wwid エントリーを持つ World-Wide IDentification 単位でブラックリスト化する個別デバイスを指定することができます。
以下の例では、26353900f02796769 の WWID を持つデバイスをブラックリスト化する設定ファイル内の行を示しています。
blacklist {
       wwid 26353900f02796769
}