5.7. multipath コマンドの出力

マルチパスデバイスを作成、修正、または一覧表示する際には、現在のデバイスセットアップを表示できます。その形式は以下のようになります。
各マルチパスデバイスの場合:
 action_if_any: alias (wwid_if_different_from_alias) dm_device_name_if_known vendor,product size=size features='features' hwhandler='hardware_handler' wp=write_permission_if_known 
各パスグループの場合:
-+- policy='scheduling_policy' prio=prio_if_known status=path_group_status_if_known
各パスの場合:
 `- host:channel:id:lun devnode major:minor dm_status_if_known path_status online_status
たとえば、マルチパスコマンドの出力は以下のように表示される可能性があります。
3600d0230000000000e13955cc3757800 dm-1 WINSYS,SF2372
size=269G features='0' hwhandler='0' wp=rw
|-+- policy='round-robin 0' prio=1 status=active
| `- 6:0:0:0 sdb 8:16  active ready  running
`-+- policy='round-robin 0' prio=1 status=enabled
  `- 7:0:0:0 sdf 8:80  active ready  running
パスが有効で I/O の準備ができている場合は、パスのステータスは ready または ghost となります。パスが有効でない場合は、ステータスは faulty または shaky になります。このパスステータスは /etc/multipath.conf ファイルに定義されているポーリング間隔に従って multipathd デーモンによって定期的に更新されます。
dm ステータスはパスステータスと似ていますが、カーネルの観点からは異なります。dm ステータスには、2 つの状態が含まれます。 faulty に類似した failed と、他のすべてのパス状態をカバーする active です。1 つのデバイスのパス状態と dm 状態は一時的に一致しない場合があります。
online_status に使用できる値は、runningoffline です。ステータスが offline の場合は、この SCSI デバイスが無効にされていることを意味します。

注記

マルチパスデバイスが作成されたり、修正されたりする時点では、パスグループのステータス、dm のデバイス名、書き込みパーミッション、および dm のステータスは不明です。また、それらの機能も常に正しいとは限りません。