2.2.5. 変更の表示

ステータスの表示

作業コピーの現在の状況を確認するには、作業コピーが含まれるディレクトリーに移動して、以下のコマンドを実行します。
svn status
This displays information about all changes to the working copy (A for a file that is scheduled for addition, D for a file that is scheduled for removal, M for a file that contains local changes, C for a file with unresolved conflicts, ? for a file that is not under revision control).

例2.18 作業コピーのステータスの表示

Subversion リポジトリーの作業コピーが含まれるディレクトリーに以下のコンテンツが含まれていると仮定します。
project]$ ls
AUTHORS  ChangeLog  COPYING  doc  INSTALL  Makefile  README  src
Subversion リポジトリーへの追加が予定されている、このディレクトリー内のファイルとディレクトリーはすべて (ChangeLog 以外の)、すでにリビジョン管理がされています。リビジョン管理がされている TODO ファイルは、削除のスケジューリングがされており、この作業コピーはすでに存在しません。LICENSE ファイルの名前は COPYING に変更され、Makefile にはローカルの変更内容が含まれます。このような作業コピーのステータスを表示するには、以下を入力します。
project]$ svn status
D       LICENSE
D       TODO
A       ChangeLog
A  +    COPYING
M       Makefile

差異の表示

作業コピーとチェックアウトしたコンテンツの差異を表示するには、作業コピーが含まれるディレクトリーに移動して、以下のコマンドを実行します。
svn diff [file]
このコマンドにより、作業コピーにあるすべてのファイルへの変更が表示されます。特定のファイルに対する変更のみを表示するには、コマンドラインでそのファイル名を指定します。

例2.19 作業コピーへの変更の表示

Subversion リポジトリーの作業コピーが含まれるディレクトリーに以下のコンテンツが含まれていると仮定します。
project]$ ls
AUTHORS  ChangeLog  COPYING  CVS  doc  INSTALL  Makefile  README  src
このディレクトリー内のすべてのファイルはリビジョン管理されており、Makefile にはローカルでの変更が含まれます。これらの変更を表示するには以下を入力します。
project]$ svn diff Makefile
Index: Makefile
===================================================================
--- Makefile    (revision 1)
+++ Makefile    (working copy)
@@ -153,7 +153,7 @@
      -rmdir $(man1dir)

clean:
-       -rm -f $(MAN1)
+       -rm -f $(MAN1) $(MAN7)

%.1: %.pl
      $(POD2MAN) --section=1 --release="Version $(VERSION)" \