2.2.6. 変更のコミット

他の人と変更の共有や Subversion リポジトリーへの変更のコミットを行うには、作業コピーのあるディレクトリーに移動して、以下のコマンドを実行します。
svn commit [-m "commit message"]
コマンドラインにコミットメッセージを指定しない限り、Subversion により、ログの記述用に外部テキストエディターが開きます。どのエディターを起動するか決定する方法については「Subversion のインストールおよび設定」を参照してください。

例2.20 Subversion リポジトリーへの変更のコミット

Subversion リポジトリーの作業コピーが含まれるディレクトリーに以下のコンテンツが含まれていると仮定します。
project]$ ls
AUTHORS  ChangeLog  COPYING  doc  INSTALL  Makefile  README  src
作業コピーでは、ChangeLog は Subversion リポジトリーへの追加がスケジューリングされており、Makefile はすでにリビジョン管理がされ、ローカルの変更が含まれます。リビジョンが管理されている TODO ファイルは削除するようにスケジューリングされており、作業コピーには存在しません。さらに、LICENSE ファイルの名前は COPYING に変更されました。Subversion リポジトリーにこれらの変更をコミットするには、以下を入力します。
project]$ svn commit -m "Updated the makefile."
Adding         COPYING
Adding         ChangeLog
Deleting       LICENSE
Sending        Makefile
Deleting       TODO
Transmitting file data ..
Committed revision 2.