2.3.5. 変更の表示

現在のステータスの表示

ローカルの Git リポジトリーにおける現在のステータスを確認するには、シェルプロンプトで、リポジトリーのあるディレクトリーに移動して、以下のコマンドを入力します。
git status
このコマンドにより、リポジトリー内のコミット前の全変更に関する情報 (new filerenameddeleted または modified) を表示して、次回のコミットの差異にどの変更が適用されるかが表示されます。変更のコミット方法に関する情報は、「変更のコミット」を参照してください。

差異の表示

Git リポジトリーの全変更を表示するには、シェルプロンプトでリポジトリーのあるディレクトリーに移動して以下を入力します。
git diff
このコマンドにより、リポジトリー内のファイルと最新のリビジョンの間の変更が表示されます。特定のファイルの変更のみを表示するには、コマンドラインで以下のようにファイルの名前を指定します。
git diff file...
file は、表示するファイルに置き換えます。