2.3.4. ファイルの追加、名前変更、削除

ファイルおよびディレクトリーの追加

既存のファイルを Git リポジトリーに追加して、リビジョン管理の設定を行うには、シェルプロンプトでローカルの Git リポジトリーがあるディレクトリーに移動して、以下を入力します。
git add file...
file は、追加するファイルに置き換えます。このコマンドは、選択したファイルに対して Git リポジトリーへの追加準備ができているとマークします。同様に、特定のディレクトリーに保存されている全ファイルを Git リポジトリーに追加するには、以下を入力します。
git add directory...
directory は、追加するディレクトリーに置き換えます。このコマンドは、選択したディレクトリーの中にある全ファイルに対して、Git リポジトリーに追加する準備ができているとマークします。
このコンテンツをリポジトリーに実際に追加するように進めるには、「変更のコミット」の説明のように変更をコミットします。

ファイルとディレクトリーの名前の変更

Git リポジトリーにある既存のファイルまたはディレクトリーの名前を変更するには、シェルプロンプトでローカルの Git リポジトリーがあるディレクトリーに移動して、以下を入力します。
git mv old_name new_name
old_name は、ファイルまたはディレクトリーの現在の名前に、new_name は新しい名前に変更します。このコマンドは、選択したファイルまたはディレクトリーの名前を変更し、Git リポジトリーで名前変更の準備ができているとマークします。
実際にリポジトリーのコンテンツの名前を変更するように進めるには、「変更のコミット」の説明のように変更をコミットします。

ファイルおよびディレクトリーの削除

Git リポジトリーから既存のファイルを削除するには、シェルプロンプトでローカルの Git リポジトリーがあるディレクトリーに移動して、以下を入力します。
git rm file...
file は、削除するファイルに置き換えます。このコマンドは、選択した全ファイルに対して Git リポジトリーへの削除の準備ができているとマークします。同様に、特定のディレクトリーに保存されている全ファイルを Git リポジトリーから削除するには、以下を入力します。
git rm -r directory...
directory は、削除するディレクトリーに置き換えます。このコマンドは、選択したディレクトリーをすべて削除して、それらの対して Git リポジトリーから削除する準備ができているとマークします。
リポジトリーからこのコンテンツを実際に削除するように進めるには、「変更のコミット」の説明のように変更をコミットします。