Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

3.3.11. Perl

perl パッケージは、Perl プログラミング言語のサポートを追加します。このパッケージは、Perl コアモジュール、Perl Language Interpreter (Perl 言語インタープリター)、PerlDoc ツールを提供します。
Red Hat は、パッケージ形式でも多くの perl モジュールを提供します。これらパッケージの名前には、perl-* 接頭辞が付いています。これらのモジュールは、スタンドアロンのアプリケーションや言語拡張、Perl ライブラリー、外部ライブラリーバインディングを提供します。

3.3.11.1. Perl 更新

Perl バージョン間の違いについては、以下の資料を参照してください。
Perl 5.12 更新
Perl 5.12 には以下の更新があります。
  • Perl はユニコード標準により適合します。
  • 実験的な API により、Perl を「プラグ可能」なキーワードおよび構文で拡張することができます。
  • Perl は 「2038 年」の問題以降も正確な時間を維持できます。
  • パッケージのバージョン番号は、直接「パッケージ」ステートメントに指定することができます。
  • Perl はデフォルトで、廃止予定の機能の使用をユーザーに警告します。
Perl 5.12 delta は、http://perldoc.perl.org/perl5120delta.html でアクセス可能です。
Perl 5.14 更新
Perl 5.14 には以下の更新があります。
  • ユニコード 6.0 をサポート
  • IPv6 のサポートが改善
  • CPAN クライアントの自動設定の容易化
  • 新たな /r フラグが s/// 置換を非破壊的なものにします。
  • 新規の正規表現フラグが、マッチしたストリングを ASCII またはユニコードとして扱うかを管理します。
  • 新たな package Foo { } 構文
  • 以前のリリースに比べてメモリおよび CPU 使用量が少ない。
  • 多くのバグを修正
Perl 5.14 delta は http://perldoc.perl.org/perl5140delta.html でアクセスできます。
Perl 5.16 更新
Perl 5.14 には以下の更新があります。
  • Unicode 6.1 のサポート
  • $$ 変数が書き込み可能。
  • デバッガーの改善
  • Unicode データベースファイルへの直接アクセスは廃止予定。代わりに Unicode::UCD を使用。
  • Version::Requirements が廃止予定。代わりに CPAN::Meta::Requirements を使用。
  • 多くの perl4 ライブラリーを削除:
    • abbrev.pl
    • assert.pl
    • bigfloat.pl
    • bigint.pl
    • bigrat.pl
    • cacheout.pl
    • complete.pl
    • ctime.pl
    • dotsh.pl
    • exceptions.pl
    • fastcwd.pl
    • flush.pl
    • getcwd.pl
    • getopt.pl
    • getopts.pl
    • hostname.pl
    • importenv.pl
    • lib/find{,depth}.pl
    • look.pl
    • newgetopt.pl
    • open2.pl
    • open3.pl
    • pwd.pl
    • hellwords.pl
    • stat.pl
    • tainted.pl
    • termcap.pl
    • timelocal.pl
    Perl 5.16 delta は http://perldoc.perl.org/perl5160delta.html でアクセス可能です。