3.3.2. GNU C++ 標準ライブラリー

libstdc++ パッケージには GNU C++ 標準ライブラリーが含まれています。これは ISO 14882 標準 C++ ライブラリーを実装するための進行中のプロジェクトです。
libstdc++ パッケージをインストールすると、リンクの依存関係が十分に満たされます (つまり、共有ライブラリーファイルのみ)。C++ 開発で使用可能なライブラリーおよびヘッダーファイルのすべてを活用するには、libstdc++-devel もインストールする必要があります。libstdc++-devel には、GNU 固有の標準テンプレートライブラリー (STL) の実装も含まれています。
Red Hat Enterprise Linux 4、5、6 では、C++ 言語およびランタイムの実装は安定しているため、libstdc++ に互換性ライブラリーは必要ありません。ただし、Red Hat Enterprise Linux 2 および 3 では、これは該当しません。Red Hat Enterprise Linux 2 では、compat-libstdc++-296 のインストールが必要になります。Red Hat Enterprise Linux 3 では、compat-libstdc++-33 のインストールが必要になります。どちらもデフォルトではインストールされていないので、別個に追加する必要があります。

3.3.2.1. GNU C++ 標準ライブラリー更新

Red Hat Enterprise Linux 6 バージョンの GNU C++ 標準ライブラリーでは、Red Hat Enterprise Linux 5 バージョンと比べて以下の機能が向上されています。
  • ISO C++ TR1 要素でサポートが強化。具体的には以下の通りです。
    • <tr1/array>
    • <tr1/complex>
    • <tr1/memory>
    • <tr1/functional>
    • <tr1/random>
    • <tr1/regex>
    • <tr1/tuple>
    • <tr1/type_traits>
    • <tr1/unordered_map>
    • <tr1/unordered_set>
    • <tr1/utility>
    • <tr1/cmath>
  • 今後の ISO C++ 標準、C++0x の要素のサポート強化。以下の要素が含まれます。
    • <array>
    • <chrono>
    • <condition_variable>
    • <forward_list>
    • <functional>
    • <initalizer_list>
    • <mutex>
    • <random>
    • <ratio>
    • <regex>
    • <system_error>
    • <thread>
    • <tuple>
    • <type_traits>
    • <unordered_map>
    • <unordered_set>
  • -fvisibility コマンドのサポート強化。
  • 以下の拡張子を追加。
    • __gnu_cxx::typelist
    • __gnu_cxx::throw_allocator
Red Hat Enterprise Linux 6 の libstdc++ の更新に関する詳細情報は、以下のドキュメントの 『C++ Runtime Library』 セクションを参照してください。