第3章 ライブラリーおよびランタイムのサポート

Red Hat Enterprise Linux 6 は、実績のある業界仕様のツールを使用して幅広いプログラム言語でカスタムアプリケーションの開発をサポートします。本章では、Red Hat Enterprise Linux 6 で提供されているランタイムサポートのライブラリーについて説明します。

3.1. バージョン情報

以下の表では、Red Hat Enterprise Linux 6、Red Hat Enterprise Linux 5、および Red Hat Enterprise Linux 4 の間でのサポート対象のプログラミング言語におけるランタイムサポートパッケージのバージョン情報を比較しています。
この表は完全なリストではなく、標準言語ランタイムの概略と Red Hat Enterprise Linux 6 で開発されたソフトウェアの主要依存関係を示しています。

表3.1 言語およびランタイムライブラリーのバージョン

パッケージ名Red Hat Enterprise 6Red Hat Enterprise 5Red Hat Enterprise 4
glibc2.122.52.3
libstdc++4.44.13.4
boost1.411.331.32
java1.5 (IBM)、1.6 (IBM、OpenJDK、Oracle Java)1.4、1.5、1.61.4
python2.62.42.3
php5.35.14.3
ruby1.81.81.8
httpd2.22.22.0
postgresql8.48.17.4
mysql5.15.04.1
nss3.123.123.12
openssl1.0.00.9.8e0.9.7a
libX111.31.0 
firefox3.63.63.6
kdebase4.33.53.3
gtk22.182.102.04

注記

compat-glibc RPM は Red Hat Enterprise Linux 6 に含まれていますが、ランタイムパッケージではないので、何かの実行に必要というわけではありません。これはヘッダーファイルやリンク用のダミーライブラリーを含む、単なる開発パッケージです。これを使用することで、Red Hat Enterprise Linux の古いバージョンでコンパイルおよびリンクのパッケージを実行することが可能になります (それらのヘッダーおよびライブラリーに compat-gcc-* を使用)。rpm -qpi compat-glibc-* を実行すると、このパッケージの使用方法に関する情報が提供されます。
compat-glib の詳細については、compat-glibc を参照してください。