5.3.3. 条件付きブレークポイント

現実の多くの場面で、プログラムは最初の数千回はタスクを適切に実行するものの、タスクの反復回数が 8,000 回に達するとクラッシュし始めたり、エラーが検出される場合があります。プログラマーがクラッシュした反復に達するためだけに continue コマンドを数千回も辛抱強く実行するとは想像し難いため、このようなデバッグプログラムは困難なものです。
このような状況は現実ではよくあります。そのため、GDB はプログラマーが条件をブレークポイントに付加できるようにします。たとえば、以下のプログラムを見てみましょう。
simple.c

#include <stdio.h>

main()
{
  int i;

  for (i = 0;; i++) {
fprintf (stdout, "i = %d\n", i);
  }
}

GDB プロンプトで条件付きブレークポイントを設定するには、以下のようにします。
(gdb) br 8 if i == 8936
Breakpoint 1 at 0x80483f5: file iterations.c, line 8.
(gdb) r
この条件により、プログラムは次の出力を表示して停止します。
i = 8931
i = 8932
i = 8933
i = 8934
i = 8935

Breakpoint 1, main () at iterations.c:8
8           fprintf (stdout, "i = %d\n", i);
ブレークポイントの状況を確認するためにブレークポイントの情報を検査します (info br を使用する)。
(gdb) info br
Num     Type           Disp Enb Address    What
1       breakpoint     keep y   0x080483f5 in main at iterations.c:8
        stop only if i == 8936
        breakpoint already hit 1 time