1.5. Eclipse RPM ビルディング

Eclipse 用の Specfile Editor プラグインは、開発者が .spec ファイルを管理する際に役立つ機能を提供します。このプラグインを使うと、ユーザーは .spec ファイルの編集の際に、オートコンプリート機能やハイライト、ファイルのハイパーリンク、折り曲げなどのいくつかの Eclipse GUI 機能を活用することができます。
また、Specfile Editor プラグインは rpmlint ツールを Eclipse インターフェースに統合します。rpmlint はコマンドラインツールで、開発者が一般的な RPM パッケージエラーを検出する際に役立ちます。Eclipse インターフェースが提供する豊富な仮想化は、rpmlint がレポートするミスを開発者が迅速に検出、表示、訂正する際に役立ちます。
Eclipse の .spec file editor プラグインは、RPM プロジェクトからの RPM ファイルのビルドもサポートします。この機能は、エクスポートウィザード (ImportRPMSource/Binary RPM) を利用することで使用可能になり、ソース RPM (src.rpm) かバイナリー RPM、もしくはその両方が必要かどうかを選択することが可能になります。
ビルド出力は Eclipse コンソールビューにあります。一定数のビルド失敗には、ハイパーリンクのサポートがあります。つまり、ビルド失敗の特定部分は Eclipse コンソールビューでハイパーリンクに変更され (Ctrl+Click)、これがユーザーを問題を発生させている .spec ファイルの実際の行に向けます。
また、ソース RPM (.src.rpm) ファイルのインポートウィザードも重要です。これは、ImportRPMSource RPM にあります。これを使用すると、ソース RPM が既に作成されている場合、設定なしでユーザーは簡単に開始することができます。するとこのプロジェクトは、spec ファイルの編集と、ソース/バイナリー RPM へのビルド (エクスポート) の準備ができたことになります。
詳細はヘルプコンテンツにある 『Specfile Editor User Guide』 の Specfile Editor User GuideImport src.rpm and export rpm and src.rpm セクションを参照してください。