1.6. Eclipse のドキュメント

Eclipse には包括的な内部ヘルプライブラリーがあり、統合開発環境 (IDE) のほとんどすべての側面がカバーされています。Eclipse のドキュメントプラグインはすべて、そのコンテンツをこのライブラリーにインストールし、そこでインデックス化されます。このライブラリーにアクセスするには、Help メニューを使います。
Help

図1.24 Help

メインの Help メニューを開くには、Help > Help Contents に移動します。Help メニューでは、 Contents フィールドにインストール済みドキュメントプラグインが提供するすべての利用可能なコンテンツが表示されます。
Help Menu

図1.25 Help Menu

Contents フィールド下部のタブは、Eclipse ドキュメントにアクセスするオプションになります。セクション/ヘッダーごと、または Search フィールドで検索して各「ブック」に移動できます。各ブックにブックマークを付けて、Bookmarks タブからその箇所にアクセスすることもできます。
Workbench User Guide』 は Eclipse ユーザーインターフェースの全側面を幅広くカバーしています。Eclipse の機能方法を理解するために便利な Eclipse ワークベンチ、パースペクティブ、異なるコンセプトの非常に低レベルな情報が含まれています。『Workbench User Guide』 は、Eclipse や IDE 全般に関する経験がほとんどない、またはある程度あるユーザーに理想的なリソースとなります。このドキュメントプラグインはデフォルトでインストールされます。
Eclipse ヘルプシステムには、動的ヘルプ 機能も含まれています。この機能はワークベンチ内で新たなウィンドウを開き、選択されたインターフェース要素に関連のあるドキュメントを表示します。動的ヘルプをアクティベートするには、Help > Dynamic Help に移動します。
動的ヘルプ

図1.26 動的ヘルプ

図1.26「動的ヘルプ」 の右端のウィンドウには Outline ビューに関連するヘルプトピックが表示されています。これが選択されたユーザーインターフェースの要素だからです。