4.2. 分散コンパイル

Red Hat Enterprise Linux 6 は 分散コンパイル もサポートします。分散コンパイルでは、1 つのコンパイルジョブをいくつもの小さいジョブに変換します。これらのジョブがマシン群に分散されるので、(特に大型のコードベースのプログラムでは) ビルド時間が短縮されます。この機能は、distcc パッケージにより提供されます。
分散コンパイルを設定するには、以下のパッケージをインストールします。
  • distcc
  • distcc-server
分散コンパイルの詳細情報は、distcc および distccdman ページを参照してください。以下のリンクでも distcc の開発についての詳細情報を提供しています。