4.3.2. 設定スクリプト

Autotools の最も重要な機能は、configure スクリプトの作成です。このスクリプトは、ツール、入力ファイル、その他の機能がプロジェクトの構築に使用できるようにシステムをテストします。[2]configure スクリプトは Makefile を生成します。これは、システム設定に基づいて make ツールがプロジェクトをビルドできるようにします。
configure スクリプトを作成するには、ます入力ファイルを作成します。そして、それを Autotools ユーティリティーにフィードして configure スクリプトを作成します。この入力ファイルは通常 configure.ac または Makefile.am です。前者は通常 autoconf が処理を行い、後者は automake にフィードされます。
Makefile.am 入力ファイルが利用可能な場合は、automake ユーティリティーが Makefile テンプレート (つまり、Makefile. in) を作成します。これは、設定時に収集された情報を参照する場合があります。たとえば、Makefile は特定のライブラリーにリンクする必要がある場合がありますが、これはそのライブラリーがすでにインストールされている 場合のみ です。configure スクリプトが実行されると、automakeMakefile. in テンプレートを使用して Makefile を作成します。
代わりに configure.ac ファイルが利用可能な場合は、configure.ac が起動したマクロに基づいて autoconf が自動的に configure スクリプトを作成します。予備の configure.ac を作成するには、autoscan ユーティリティーを使用してファイルを適時編集します。


[2] configure が実行可能なテストについての詳細情報は以下のリンクを参照してください