4.3. Autotools

GNU Autotools はコマンドラインツールのスイートで、開発者はこれを使うことでインストール済みパッケージや Linux ディストリビューションに関係なく異なるシステム上でアプリケーションをビルドできます。このツールは、開発者が configure スクリプトを作成する際の手助けとなります。このスクリプトはビルド前に実行され、アプリケーションのビルドに必要なトップレベルの Makefile を作成します。configure スクリプトは、現行システム上でテストを実行し、追加ファイルを作成し、ビルダーが提供するパラメーターのように他のディレクティブを実行することができます。
Autotools スイートの中で最も一般的に使用されるものは、以下のとおりです。
autoconf
入力ファイル (例: configure.ac) から configure スクリプトを生成します。
automake
特定システム上でプロジェクト用の Makefile を作成します。
autoscan
予備入力ファイル (つまり、configure.scan) を作成します。これは、autoconf が使用する最終的な configure.ac を作成するために編集可能なものです。
Autotools スイートの全ツールは、Development Tools グループパッケージの一部です。このグループパッケージをインストールして Autotools スイート全体をインストールすることも可能ですし、または yum を使用してスイートの好みのツールのみをインストールすることもできます。

4.3.1. Eclipse 用の Autotools プラグイン

Autotools スイートは、Autotools プラグインで Eclipse IDE にも統合されます。このプラグインは、Autotools 用の Eclipse グラフィカルユーザーインターフェースを提供し、これはほとんどの C/C++ プロジェクトに適したものです。
Red Hat Enterprise Linux 6 では、このプラグインは 以下の 2 つの新規 C/C++ プロジェクト用テンプレートのみをサポートします。
  • 空のプロジェクト
  • "hello world" アプリケーション
空のプロジェクトのテンプレートは、すでに Autotools をサポートしている C/C++ 開発ツールキットにプロジェクトをインポートする際に使用します。Autotools プラグインへの将来的な更新には、共有ライブラリーや他の複雑なシナリオを作成するための新たなグラフィカルユーザーインターフェース (たとえば、ウィザード) が含まれます。
Autotools プラグインの Red Hat Enterprise Linux 6 バージョンでは、gitmercurial は Eclipse に統合されません。このため、git リポジトリーを使用する Autotools プロジェクトは、Eclipse のワークスペース でチェックアウトする必要があります。その後に Eclipse 内のそのようなプロジェクトのソースの場所を特定することができます。すべてのリポジトリー操作 (コミット、更新など) は、コマンドラインで行います。