6.3.3.3. 自動承認

stap-server initscript を使用して開始したサーバーは、同一ホスト上のすべてのクライアントからの接続を受け付けるよう自動的に承認されます。
他の方法で開始されたサーバーは、サーバーを開始したユーザーが稼働する同一ホスト上のクライアントからの接続を受け付けるよう自動的に承認されます。これは便利さを考慮して実装されています。クライアントとサーバーが同一ホスト上で稼働していれば、ユーザーは自分で開始したサーバーに接続するよう自動的に承認されます。
root がコンパイルサーバーを開始する時は常に、同一ホスト上で稼働している すべての クライアントがサーバーを承認済みと認識します。しかし、Red Hat はこれを推奨しません。
同様に、stap-server で開始したコンパイルサーバーは、稼働するホスト上で信頼できる署名者として自動的に承認されます。コンパイルサーバーが他の方法で開始された場合は、このように自動的には承認されません。