5.3. サブスクリプションのアタッチと削除

システムに サブスクリプション を割り当てることで、そのシステムはサブスクリプション内の Red Hat 製品をインストール、更新することができるようになります。サブスクリプションとは、1 回に購入された全製品の全バリエーションの一覧であり、製品とサブスクリプションが利用できる回数を定義します。この数量は、概して利用可能なユーザーライセンス数です。これらのライセンスの 1 つがシステムに割り当てられると、そのサブスクリプションはそのシステムに アタッチ されます。

5.3.1. GUI を使用したサブスクリプションのアタッチと削除

5.3.1.1. サブスクリプションのアタッチ

  1. サブスクリプションマネージャーを起動します。
    [root@server ~]# subscription-manager-gui
  2. すべての利用可能なサブスクリプション タブを開きます。
  3. オプションとして、日付の範囲を設定してから フィルター ボタンをクリックし、利用可能なサブスクリプションを検索します。
    サブスクリプションは、アクティブな日付や名前でフィルタリングできます。また、チェックボックスを使用すると、より詳細なフィルタリングが可能です。
    • match my system (自分のシステムにマッチ) を選択すると、システムアーキテクチャーに適合するサブスクリプションのみが表示されます。
    • match my installed products (自分のインストール済み製品にマッチ) を選択すると、システム上に現在インストール済みの製品と機能するサブスクリプションが表示されます。
    • 既存のサブスクリプションとの重複をしない を選択すると、製品が重複しているサブスクリプションが除外されます。サブスクリプションがすでに特定の製品のシステムにアタッチされている場合や、複数のサブスクリプションが同じ製品を提供している場合は、サブスクリプションサービスがそれらのサブスクリプションをフィルタリングして、最適なサブスクリプションのみが表示されます。
    • 次のテキストを含む は、サブスクリプションやプール内で製品名などの文字列を検索します。
    日付とフィルターの設定後、更新 ボタンをクリックして適用します。
  4. 利用可能なサブスクリプションを 1 つ選択します。
  5. Subscribe (サブスクライブ) ボタンをクリックします。

5.3.1.2. サブスクリプションの削除

  1. サブスクリプションマネージャーを起動します。
    [root@server ~]# subscription-manager-gui
  2. 自分のサブスクリプション タブを開きます。
    システムに現在アタッチされているすべてのアクティブなサブスクリプションが一覧表示されます (そのサブスクリプションで利用できる製品は、インストール済みの場合と未インストールの場合があります)。
  3. 削除するサブスクリプションを選択します。
  4. ウィンドウ右下にある サブスクリプション解除 ボタンをクリックします。