5.6.2. コマンドラインを使用したサービスレベルの設定

一般的なサービスレベルは、service-level --set コマンドを使用して設定できます。

例5.5 サービスレベル詳細の設定

まず、service-level コマンドを --list オプションで実行して、システムで利用可能なサービスレベルを表示します。
[root@server ~]# subscription-manager service-level --list
+-------------------------------------------+
          Available Service Levels
+-------------------------------------------+
Standard
None
Premium
Self-Support
次に、システムで希望するレベルを設定します。
[root@server ~]# subscription-manager service-level --set=self-support
Service level set to: self-support
ローカルシステムの現在の設定は、--show オプションで表示できます。
[root#server ~]# subscription-manager service-level --show
Current service level: self-support
サービスレベルの設定は、サブスクリプション動作の実行中に定義できます (システム登録や登録後のサブスクリプションのアタッチなど)。これにより、システム設定の上書きが可能です。registersubscribe のコマンドでは、--servicelevel オプションで動作の詳細を設定できます。

例5.6 プレミアムサービスレベルでのサブスクリプションの自動アタッチ

[root#server ~]# subscription-manager subscribe --auto --servicelevel Premium
Service level set to: Premium
Installed Product Current Status:
ProductName:            RHEL 6 for Workstations
Status:                 Subscribed

注記

--servicelevel オプションには、--autosubscribe オプション (登録用) または --auto オプション (サブスクライブ用) が必要です。特定のプールのアタッチ時やサブスクリプションのインポート時には使用できません。