5.2. システムの登録および登録解除

システムは、初回起動のプロセス中またはキックスタート設定の一部として (いずれも 『インストールガイド』 を参照)、サブスクリプションサービスに登録することができます。システムは、設定完了後に登録することも可能です。また、登録済みのエンタイトルメントサービス内での管理対象外となる場合には、サブスクリプションサービスインベントリから削除 (登録解除) することもできます。

5.2.1. GUI からの登録

  1. サブスクリプションマネージャーを起動します。
    [root@server ~]# subscription-manager-gui
  2. システムが未登録の場合は、インストール済みの製品 タブの右上隅に 登録 ボタンが表示されます。
  3. 登録に使用するサブスクリプションサーバーを特定するには、サービスのホスト名を入力します。 デフォルトのサービスはカスタマーポータルによるサブスクリプション管理です。 ホスト名は subscription.rhn.redhat.com になります。 Subscription Asset Manager など、 別のサブスクリプションサービスを使用する場合は、ローカルサーバーのホスト名を入力します。
    証明書ベースのサブスクリプションを認識して使用する各種のサブスクリプションサービスがあります。初回起動時にこれらのサービスにシステムを登録できます。
    • カスタマーポータルによるサブスクリプション管理、Red Hat でホストしているサービス (デフォルト) です。
    • Subscription Asset Manager、オンプレミスのサブスクリプションサーバーで、 コンテンツ配信はプロキシでカスタマーポータルのサービスに戻します。
    • CloudForms System Engine、オンプレミスのサービスでサブスクリプションサービスとコンテンツ配信の両方を処理します。
  4. ログインするサブスクリプションサービス のユーザー認証情報を入力します。
    使用するユーザー認証情報はサブスクリプションサービスによって異なります。カスタマーポータルに登録する場合は、管理者または企業アカウントの Red Hat Network 認証情報を使用します。
    ただし、 Subscription Asset Manager や CloudForms System engine の場合には、使用するユーザーアカウントはオンプレミスのサービス内で作成され、カスタマポータルのユーザーアカウントとは異なります。
  5. オプションで、登録の後に手動でサブスクリプションを割当て チェックボックスを選択することもできます。
    デフォルトでは、登録プロセスでシステムに最適なサブスクリプションが自動的にアタッチされます。「サブスクリプションのアタッチと削除」 にあるように、この機能をオフにしてサブスクリプションを手動で選択できるようにすることも可能です。
  6. 登録が始まると、サブスクリプションマネージャーはシステムを登録する組織および環境 (組織内のサブドメイン) をスキャンします。
    カスタマーポータルのサブスクリプション管理を使用する IT 環境には組織が 1 つしかないため、 これ以上の設定は必要ありません。Subscription Asset Manager などのローカルのサブスクリプションサービスを使用する IT インフラストラクチャーの場合、 複数の組織が設定されていることがあります。 また、 それらの組織内にさらに複数の環境が設定されている場合もあります。
    複数の組織が検出された場合は、サブスクリプションマネージャーは参加する組織を 1 つ選択するように促します。
  7. デフォルト設定では、サブスクリプションは自動的に選択され、システムにアタッチされます。システムにアタッチするサブスクリプションを確認して、確定します。
    1. プロンプトが表示された場合、検出されたサブスクリプションに使用するサービスレベルを選択します。
    2. サブスクリプションマネージャーは、選択されたサブスクリプションを表示します。ウィザードの サブスクライブ ボタンをクリックして、このサブスクリプションを確定します。