5.6.3. コマンドラインで希望するオペレーティングシステムのリリースバージョンを設定する

IT 環境の多くは、一定のセキュリティーレベルか他の基準に合致していると認定されている必要があります。その場合、主要なアップグレードの計画と管理は注意して行う必要があります — 管理者は単に yum update を実行して、あるバージョンから次のバージョンへと移動することはできません。
リリースバージョンの詳細を設定すると、システムのアクセスは、自動的に最新バージョンのリポジトリを使用するのではなく、オペレーティングシステムのバージョンに関連したコンテンツリポジトリに制限されます。
例えば、希望するオペレーティングシステムバージョンが 6.3 の場合、他のリポジトリが利用可能でも、システムのすべてのインストール済み製品およびアタッチされたサブスクリプションには 6.3 のコンテンツリポジトリが選ばれます。

例5.7 登録中にオペレーティングシステムのリリースを設定する

リリースバージョンの設定は、システムの登録時に register コマンドを --release オプションで実行することで設定できます。これによりこのリリース設定は、システム登録時に選択され自動的にアタッチされたサブスクリプションに適用されます。
--autosubscribe オプションは、自動的にアタッチするサブスクリプションの選択に使用される基準の 1 つであるため、詳細設定時に必要となります。
[root#server ~]# subscription-manager register --autosubscribe --release=6.4 --username=admin@example.com...

注記

リリース設定はサービスレベルの設定と違い、登録時にのみ使用するか、詳細設定として設定できます。subscribe コマンドでは指定できません。

例5.8 オペレーティングシステムのリリース詳細設定

release コマンドは、アタッチされたサブスクリプションだけでなく、組織で利用可能な購入済みサブスクリプションに基づいて、利用可能なオペレーティングシステムのリリースを表示します。
[root#server ~]# subscription-manager release --list
+-------------------------------------------+
          Available Releases
+-------------------------------------------+
6.2
6.3
そして、--set で詳細設定を利用可能なリリースバージョンの 1 つに設定します。
[root#server ~]# subscription-manager release --set=6.3
Release version set to: 6.3