5.5. Subscription Asset Manager のアクティベーションキーを使用したサブスクリプションのアタッチ方法

ローカルの Subscription Asset Manager は、システムが使用するサブスクリプションを事前設定できます。この事前定義されたサブスクリプションのセットは、アクティベーションキーで識別されます。このアクティベーションキーは、ローカルシステムでサブスクリプションをアタッチする際に使用します。
Subscription Asset Manager のアクティベーションキーは、新規システム登録プロセスの一環で使用できます。
# subscription-manager register --username=jsmith --password=secret --org="IT Dept" --activationkey=abcd1234
組織が複数ある場合はシステムの組織を指定する必要があり、この情報はアクティベーションキーでは定義されていません。