3.2.4. スタンバイモード

次のコマンドでは指定したノードをスタンドバイモードにします。指定ノードはリソースのホストが行えなくなります。このノード上で現在実行中のリソースはすべて別のノードに移行されます。--all を使用すると全ノードがスタンバイモードになります。
リソースのパッケージを更新する場合にこのコマンドを使用します。また、設定をテストして実際にはノードのシャットダウンを行わずにリカバリーのシュミレーションを行う場合にも使用できます。
pcs cluster standby node | --all
次のコマンドは指定したノードのスタンバイモードを外します。コマンドを実行すると指定ノードはリソースをホストできるようになります。--all を使用すると全ノードのスタンバイモードを外します。
pcs cluster unstandby node | --all
pcs cluster standby コマンドを実行すると指定したノードでのリソースの実行を阻止する制約が追加されることになります。制約を取り除く場合は pcs cluster unstandby コマンドを実行します。このコマンドは必ずしもリソースを指定ノードに戻すわけではありません。最初にどのようにリソースを設定したかにより、その時点で実行できるノードに移動されます。リソースの制約については 6章リソースの制約 を参照してください。