5.2. リソースのプロパティ

リソースに定義するプロパティを使ってリソースに使用するスクリプト、スクリプトの格納先、準拠すべき標準をクラスターに指示します。表5.1「リソースのプロパティ」 に詳細を示します。

表5.1 リソースのプロパティ

フィールド説明
resource_id
リソースの名前
standard
スクリプトが準拠する標準、使用できる値: ocfserviceupstartsystemdlsbstonith
type
使用するリソースエージェントの名前、例えば IPaddrFilesystem など
provider
OCF 仕様により複数のベンダーで同じ ResourceAgent が供給可能、Red Hat で配信するエージェントのほとんどはプロバイダーに heartbeat を使用
リソースのプロパティ表示に使用するコマンドは 表5.2「リソースプロパティを表示させるコマンド」 を参照してください。

表5.2 リソースプロパティを表示させるコマンド

pcs 表示コマンド出力
pcs resource list利用できる全リソースの一覧を表示
pcs resource standard利用できるリソースエージェントの標準を表示
pcs resource providers 利用できるリソースエージェントのプロバイダーを表示
pcs resource list string利用できるリソースを指定文字列でフィルターした一覧を表示、標準名、プロバイダー名、タイプ名などでフィルターした一覧を表示させることが可能