6.5. リソースグループ

クラスターのもっとも一般的な構成要素の一つが複数リソースのセットです。リソースセットは一緒に配置し、順番に起動、その逆順で停止する必要があります。この設定を簡略化するために Pacemaker ではグループという概念に対応しています。
次のコマンドでリソースグループを作成、グループに含ませるリソースを指定します。グループが存在していない場合はグループが作成され、グループが存在している場合はそのグループにリソースを追加します。リソースはコマンドで指定した順序で起動し、起動とは逆順で停止します。
pcs resource group add group_name resource_id...
また、次のコマンドを使用すると新規リソースの作成時にそのリソースを既存のグループに追加することもできます。作成したリソースは group_name という名前のグループに追加されます。
pcs resource create resource_id standard:provider:type|type [resource_options] [op operation_action operation_options] --group group_name
グループからのリソースの削除は次のコマンドで行います。グループにリソースがない場合はグループ自体が削除されます。
pcs resource group remove group_name resource_id...
次のコマンドは現在、設定されているリソースグループを表示します。
pcs resource group list
次の例では shortcut という名前のリソースグループを作成します。このリソースグループには既存リソースの IPaddrEmail が含まれます。
# pcs resource group add shortcut IPaddr Email
グループに含ませることができるリソース数に制限はありません。グループの基本的なプロパティを以下に示します。
  • リソースの起動はコマンドで指定した順序で行われます (この例の場合は IPaddr が起動されてから Email か起動)。
  • リソースの停止はコマンドで指定した順序の逆順で行われます (Email が停止されてから IPaddr が停止)。
グループ内の任意のリソースがどのノードでも実行できないと、そのリソースより後に指定されているリソースの実行は許可されません。
  • IPaddr をどのノードでも実行できない場合は Email も実行できません。
  • ただし、Email を実行できない場合は IPaddr に影響はありません。
グループが大きくなればなるほど、当然、リソースグループ作成に関する設定作業の簡略化は重要となってきます。

6.5.1. グループオプション

リソースグループに含まれるリソースのオプション、prioritytarget-roleis-managed はリソースグループに継承されます。リソースオプションについては 表5.3「リソースのメタオプション」 を参照してください。