1.3. クラスターと Pacemaker の設定ファイル

Red Hat High Availability add-on の設定ファイルは cluster.confcib.xml です。設定ファイルは直接編集せず、pcspcsd などのインターフェースを使用してください。
Pacemaker がビルドするクラスターマネージャーの corosync で使用されるクラスターパラメーターは cluster.conf ファイルで提供されます。
クラスターの構成およびクラスター内の全リソースの現状を表すのが cib.xml ファイルです。Pacemaker のクラスター情報ベース (Cluster Information Base -CIB) で使用されます。CIB のコンテンツはクラスター全体で継続的に自動同期されます。