Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

8.4.3. デフォルトの pacemaker_remote オプションの変更

デフォルトのポートまたは Pacemaker や pacemaker_remote いずれかの authkey の場所を変更する必要がある場合は、両方のデーモンに反映させることができる環境変数を設定することができます。以下のように /etc/sysconfig/pacemaker ファイルに配置するとこの環境変数を有効にすることができます。
#==#==# Pacemaker Remote
# Use a custom directory for finding the authkey.
PCMK_authkey_location=/etc/pacemaker/authkey
#
# Specify a custom port for Pacemaker Remote connections
PCMK_remote_port=3121