第1章 Red Hat High Availability Add-On の設定と管理のリファレンス概要

Pacemaker を使用した Red Hat High Availability Add-On で対応しているオプションと機能について解説しています。
Red Hat Enterprise Linux リリース 6.6 以降の pcs 設定インターフェースの使い方について説明しています。

注記

High Availability Add-On および Red Hat Global File System 2 (GFS2) を使用した Red Hat Enterprise Linux クラスターの導入やアップグレードの成功事例については Red Hat カスタマーポータルに掲載の「Red Hat Enterprise Linux Cluster, High Availability, and GFS Deployment Best Practices」の記載を参照してください。(https://access.redhat.com/kb/docs/DOC-40821)

1.1. Pacemaker 設定ツールのインストール

以下の yum install コマンドを使って Red Hat High Availability Add-On ソフトウェアのパッケージおよび利用可能なフェンスエージェントを High Availability チャンネルからインストールします。
# yum install pcs fence-agents
lvm2-clustergfs2-utils のパッケージは ResilientStorage チャンネルの一部になります。必要に応じて次のコマンドでインストールを行ってください。
# yum install lvm2-cluster gfs2-utils

警告

Red Hat High Availability Add-On パッケージのインストール後、必ずソフトウェア更新に関する設定で自動インストールが行われないよう設定してください。実行中のクラスターでインストールが行われると予期しない動作の原因となる場合があります。