第7章 クラスターリソースの管理

本章ではクラスターのリソース管理に使用する各種コマンドについて説明します。次のような手順が含まれます。

7.1. リソースを手作業で移動する

クラスターの設定を無視して強制的にリソースを現在の場所から移動させることができます。次のような 2 タイプの状況が考えられます。
  • ノードのメンテナンスのためそのノードで実行中の全リソースを別のノードに移動する必要がある
  • リソースを一つだけ移動する必要がある
ノードで実行中の全リソースを別のノードに移動する場合はそのノードをスタンバイモードにします。クラスターノードをスタンバイモードにする方法については 「スタンバイモード」 を参照してください。
現在実行中の任意のリソースをノードから移動させる場合は次のコマンドを使用し、ノードの resource_id を指定します。
pcs resource move resource_id
移動しているリソースの実行先を指定する場合は次のコマンドを使って destination_node を指定します。
pcs resource move resource_id destination_node
元々実行していたノードにリソースを戻す場合は次のコマンドを使用し、クラスターが通常動作を再開できるようにします。move resource_id コマンドの制約が削除されます。
pcs resource clear resource_id [node]
pcs resource move コマンドを実行すると指定したノードでのリソースの実行を阻止する制約が追加されることになります。制約を取り除く場合は pcs resource clear コマンドを実行します。このコマンドは必ずしもリソースを指定ノードに戻すわけではありません。最初にどのようにリソースを設定したかにより、その時点で実行できるノードに移動されます。リソースの制約については 6章リソースの制約 を参照してください。