はじめに

本ガイドでは Red Hat High Availability Add-On コンポーネントのインストール、設定、管理を行う方法について説明しています。Red Hat High Availability Add-On コンポーネントを利用すると複数のコンピューター (ノード または メンバー と呼ばれる) のグループを繋げクラスターとして機能させることができます。本ガイドで クラスター または クラスター群 と表記している場合、Red Hat High Availability Add-On を実行しているコンピューターの集合を指しています。
本書は Red Hat Enterprise Linux について高度な運用知識があり、クラスター、ストレージ、サーバーコンピューティングの概念を理解している方を対象としています。
Red Hat Enterprise Linux 6 の詳細については、以下の資料を参照してください。
  • Red Hat Enterprise Linux インストールガイド』 — Red Hat Enterprise Linux 6 のインストールに関して詳しく記載しています。
  • Red Hat Enterprise Linux 導入ガイド』 — Red Hat Enterprise Linux 6 の導入、設定、管理に関して詳しく記載しています。
Red Hat Enterprise Linux 6 向けの High Availability Add-On および関連製品については、以下の資料を参照してください。
  • High Availability Add-On の概要』 — Red Hat High Availability Add-On について高いレベルで概要を説明しています。
  • クラスターの管理』 — High Availability Add-On のインストール、設定、および管理に関して詳しく記載しています。
  • 論理ボリュームマネージャーの管理』 — クラスター化した環境での論理ボリュームマネージャー (LVM) の実行方法など、LVM について詳しく記載しています。
  • Global File System 2: 設定と管理』 — Resilient Storage Add-On に同梱されている Red Hat GFS2 (Red Hat Global File System 2) のインストール、設定、メンテナンスに関して詳しく記載しています。
  • DM マルチパス機能』 — Red Hat Enterprise Linux 6 の機能となる Device-Mapper Multipath (デバイスマッパーマルチパス) の使い方について説明しています。
  • ロードバランサーの管理』 — 複数の実サーバー全体で IP の負荷分散を行う Linux Virtual Servers (LVS) を提供している統合ソフトウェアコンポーネントセット、Load Balancer Add-On を使ってパフォーマンスの高いシステムおよびサービスを構成する方法について記載しています。
  • リリースノート』 — Red Hat 製品の現在のリリースに関する情報を提供します。
Red Hat Cluster Suite ドキュメントおよび他の Red Hat ドキュメントは、HTML、PDF、RPM の各形式で Red Hat Enterprise Linux ドキュメント CD またはオンラインの https://access.redhat.com/site/documentation/ からご覧いただけます。

1. フィードバック

本書内で誤字、脱字を発見された場合、また本書に対する改善のご意見などがございましたらぜひ弊社にご連絡ください。ご報告は Bugzilla (http://bugzilla.redhat.com/bugzilla/) でお受けしています。製品には Red Hat Enterprise Linux 6、コンポーネントには doc-Cluster_General を選択してください。
以下のマニュアル識別子を忘れないようご記入お願いします。
Configuring_High_Availability_With_Pacemaker(EN)-6 (2014-8-7T16:26)
マニュアル識別子を記入して頂くことでご報告いただいているガイドのバージョンを確認することができます。
本書に関して改善のご提案がある場合は、できるだけ具体的にご提案頂けるようお願いします。エラーを発見された場合は、該当のセクション番号および前後の文章も含めて報告頂けるとより迅速に対応することができます。