第5章 クラスターリソースの設定

本章ではクラスター内にリソースを設定する方法について説明していきます。

5.1. リソースの作成

次のコマンドを使用してクラスターリソースを作成します。
pcs resource create resource_id standard:provider:type|type [resource options]
例えば、次のコマンドでは VirtualIP という名前で標準が ocf、プロバイダーが heartbeat、タイプが IPaddr2 のリソースを作成しています。リソースのフローティングアドレスは 192.168.0.120、リソースが実行しているかどうかの確認が 30 秒毎に行われます。
# pcs resource create VirtualIP ocf:heartbeat:IPaddr2 ip=192.168.0.120 cidr_netmask=24 op monitor interval=30s
standardprovider のフィールドを省略して次のようにすることもできます。標準とプロバイダーはそれぞれ ocfheartbeat にデフォルト設定されます。
# pcs resource create VirtualIP IPaddr2 ip=192.168.0.120 cidr_netmask=24 op monitor interval=30s
設定したリソースを削除する場合は次のコマンドを使用します。
pcs resource delete resource_id
例えば、次のコマンドでは VirtualIP というリソース ID の既存リソースを削除しています。
# pcs resource delete VirtualIP