Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

8.3. 高可用性 (HA) サービスの管理

高可用性サービスを管理するには、Cluster Status Utility である clustatCluster User Service Administration Utility である clusvcadm を使用します。clustat はクラスターのステータスを表示し、clusvcadm は高可用性サービスを管理する手段を提供します。
このセクションでは、clustatclusvcadm コマンドを使用した HA サービスの管理についての基本情報を提供しています。以下のようなサブセクションで構成されています:

8.3.1. clustat を使用した HA サービスステータスの表示

clustat はクラスター全域のステータスを表示します。メンバーシップ情報、定足数表示、全ての高可用性サービスの状態を表示して、clustat コマンドが実行されているノード (ローカル) を示します。表8.1「サービスのステータス」 はサービスがなり得る状態と clustat を実行している時に表示される状態を説明しています。例8.3「clustat の表示」 は、clustat 表示の例を示しています。clustat コマンドの実行に関する詳細情報は、clustat の man ページを参照してください。

表8.1 サービスのステータス

サービスのステータス 説明
Started サービスリソースは設定されており、サービスを所有するクラスターシステム上で利用可能です。
Recovering サービスは別のノード上で開始待ちです。
Disabled サービスは無効になっており、割り当てられている所有者はいません。クラスターにより無効なサービスが自動的に再起動されることはありません。
Stopped 停止した状態で、サービスは、次のサービス又はノードの遷移後に起動するかどうか評価されます。これは一時的な状態です。この状態からサービスを無効/有効にすることができます。
Failed サービスは dead と判定されます。リソースの 停止 動作が失敗するとサービスは常にこの状態になります。サービスがこの状態になった後は、disable 要求を発行する前に、割り振られたリソース (例えば、マウント済みのファイルシステム) が存在しないことを確認しなければなりません。サービスがこの状態になった時に実行できる唯一の操作は disable です。
Uninitialized この状態はスタートアップと clustat -f の実行中に特定のケースで出現します。

例8.3 clustat の表示

[root@example-01 ~]#clustat
Cluster Status for mycluster @ Wed Nov 17 05:40:15 2010
Member Status: Quorate

 Member Name                             ID   Status
 ------ ----                             ---- ------
 node-03.example.com                         3 Online, rgmanager
 node-02.example.com                         2 Online, rgmanager
 node-01.example.com                         1 Online, Local, rgmanager

 Service Name                   Owner (Last)                   State         
 ------- ----                   ----- ------                   -----           
 service:example_apache         node-01.example.com            started       
 service:example_apache2        (none)                         disabled

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。