Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第24章 サーバーとサービス

PDF ファイルを cups で上下逆さまに印刷することができない

CUPS 印刷システムでは、印刷ページを上下逆さまに回転させるはずの lp -d [printer] -o orientation-requested=6 [filename] コマンドの -o orientation-requested=6 オプションが機能しません。(BZ#1099617)

PDF ファイルを fit-to-page (ページ幅に合わせる) と fitplot のオプションを使用して印刷するとハードウェアマージンのあるプリンターで機能しない

CUPS 印刷システムでは、lp -d printer-with-hwmargins -o fit-to-page および lp -d printer-with-hwmargins -o fitplot コマンドは、-o fit-to-page-o fitplot のオプションを使用してドキュメントがページサイズに収まるようにサイズ変更します。このオプションは、ハードウェアマージンのあるプリンターで PDF ファイルをプリントする際には機能しません。(BZ#1268131)

DHCP クライアントが間違ったインターフェースでユニキャストリクエストを送信する

DHCP クライアントは同一サブネット上で複数のインターフェースをサポートしておらず、ユニキャストリクエストが適切なインターフェースで送信することを保証できません。このため、DHCP クライアントはリースの更新に失敗し、ネットワーク設定が機能しなくなります。現時点では回避策はわかっていません。同一サブネットに 2 つのインターフェースが接続されている設定では、DHCP クライアントを使用することができません。(BZ#1297445)

pdf2dsc スクリプトで *.pdf ファイルから変換した *.dsc ファイルを Evince で開くことができない

*.pdf (Portable Document Format) ファイルを pdf2dsc スクリプトで *.dsc (Document Structure Convention) ファイルに変換し、この変換された *.dsc ファイルを Ghostscript のサンドボックスの外にある Evince GNOME で開くことができなくなりました。これは固定オプション -dSAFER によるもので、これにより Ghostscript は強制的にサンドボックスモードで動作します。この問題に対する回避策の詳細は、https://access.redhat.com/articles/2948831 を参照してください。(BZ#1411843)