Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第17章 認証および相互運用性

SSSD が IdM LDAP ツリーからの sudo ルールの管理に失敗する

System Security Services Daemon (SSSD) は現在、デフォルトで IdM LDAP ツリーを使用します。このため、sudo ルールを非 POSIX グループに割り当てることができません。この問題を回避するには、/etc/sssd/sssd.conf ファイルを修正し、ドメインが compat ツリーを再度使用するように設定します。
[domain/EXAMPLE]
...
ldap_sudo_search_base = ou=sudoers,dc=example,dc=com
こうすることで、SSSD は sudo ルールを compat ツリーから読み込むようになり、ルールを非 POSIX グループに割り当てることができるようになります。
Red Hat では、sudo ルールで言及されるグループを POSIX グループと設定するよう推奨しています。(BZ#1336548)

winbindd が新規 AD 信頼のインストール時にクラッシュする

新規にインストールされたシステムで新たな Active Directory (AD) 信頼を設定すると、winbindd サービスが予期せず終了したと ipa-adtrust-install ユーティリティーが報告する場合があります。この報告がなければ、ipa-adtrust-install は正常に完了しています。
この問題が発生したら、ipa-adtrust-install を実行した後に ipactl restart コマンドを使用して IdM サービスを再起動します。これで winbindd も再起動します。
この問題による機能面での影響については、完全に分かっているわけではないことに注意してください。信頼の機能のなかには、winbindd を再起動するまで機能しないものもあります。(BZ#1399058)

ネットワーク接続が完全に確立される前に nslcd を起動すると、ユーザーやグループのアイデンティティーの解決に失敗する

ローカルの LDAP ネームサービスデーモンである nslcd をネットワーク接続が完全にアップする前に起動すると、デーモンが LDAP サーバーへの接続に失敗します。このため、ユーザーやグループのアイデンティティーの解決に失敗します。この問題を回避するには、ネットワーク接続が確立されてから nslcd を起動します。(BZ#1401632)